Admin New entry Up load All archives

ハハハなゲーム日和

勉強なんかよりゲームやってる人の日記

Powered By 画RSS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

DEVIL MAY CRY 4プレイ① 始めましたよ 

2010_1128_162645-PB280681_convert_20101128220041.jpg

DEVIL MAY CRY 4を始めました!!

600円で買ったゲームですねー

トロフィーがついてなソフトをするのは久しぶりですね。時にはこういうのもいいですよね(´ω`*)

この値段相応なのか?それとも上回るのか?そう期待しながらプレイ開始しました

DEVIL MAY CRYシリーズはプレイしたことないです(^^;

やりたいとは思っていたんですが前作まではPS2で発売されていました。その頃は据え置きが大嫌いでしてやったのはワンダの虚像とサイレントヒル2くらいです

やっておけばよかったと今は後悔しております

【ストーリー】
とある大陸沿岸部に存在する城塞都市フォルトゥナ。周囲の近代国家とは距離を置くこの街では他文化とは全く異なる独自の宗教が信仰されている。 魔剣教団と呼ばれるその信仰組織は、かつて人々のために戦ったとされる悪魔、魔剣士スパーダを神と崇め、それ以外の悪魔を憎み、排除する事を第一の教義としている。その実現のために「教団騎士」と呼ばれる独自の兵隊さえ所有している。 ここに突然、かのデビルハンター・ダンテが現れ、教皇を殺害した。そして集まっていた教団騎士を次々に倒していく。そんな中、一人そのデビルハンターに立ち向かう男「ネロ」がいた、ネロはダンテと死闘を繰り広げるが、ダンテは奇妙な言葉を残して立ち去ってしまう。こうしてネロは教団騎士よりダンテの抹殺の任を帯びる。ネロはダンテを追い、フォルトゥナ各地を駆け巡ることとなる。ダンテの凶行の目的は何か? そして前後して現れる悪魔たちの群れ。教団騎士の若き戦士・ネロは幼馴染であるキリエを守るべく奮闘する。やがてダンテ出現の理由と教団の真の目的が、ネロ自身を巻きこみつつ次第に明らかになってゆくのであった。

チュートリアルのところの話ですねー

まぁこっから話がどんどん膨らんでいくわけですが

【やってみた感想】
グラフィックは文句無しの綺麗さでこれが3年前のゲームとは思えないくらいですね。操作は初心者でもわかりやすい簡単なものですね。俺的には遠距離攻撃(□)と近距離攻撃(△)が反対の方が良かったかなと思います。前作をやった事がないので3からどこが変わったかわかりません><。難易度の方は一番簡単なHUMANでやっておりますがアクションが苦手な俺でもスイスイ進めるてとても楽しくできておりますのでNINJAGAIDENΣ2のような難易度設定ではないのでご心配なくwwwちなみにトロフィーはないです

こんな感じですかねー

ふつうに面白いです

絶対に600円以上の価値がありますね(`・ω・´)

いまはボスのベリアルを倒したあたりです

とても楽しいので進むのが惜しいくらいですね

カッコいいベリアルのSSです

2010_1128_172714-PB280685_convert_20101128225914.jpg 2010_1128_172716-PB280686_convert_20101128230018.jpg 2010_1128_172805-PB280688_convert_20101128230033.jpg 2010_1128_172815-PB280691_convert_20101128230045.jpg

ネロが小さいですねw

一番簡単な難易度だというのもあるのかも知れないですが強くないです

でも逃げて行ったのでストーリー終盤にまた戦うことになりそうですね

楽しみだー

とりあえず一回はクリアします

それで楽しかったらもっと難しい難易度をやっていきたいと思います

最後にフォロワーさんかつchaosなもきち(`・ω・´)の中の人のもきちさんに教えてもらった神MADです

スポンサーサイト

category: DEVIL MAY CRY 4

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hahahajoka.blog49.fc2.com/tb.php/206-682e86d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。